素材を吟味し、技を磨く。

手前どもでは、吟味した常陸秋そばを中心に玄蕎麦で仕入れ、

石臼で自家製粉し、十割と外二の手打ちにて提供させていただいています。

また、汁は、選び抜いた近海物の本枯れ節で出汁を引き、

熟成させた返しと合わせています。

汁を味わうのも、また蕎麦の楽しみのひとつ。

細打ちの香り高い蕎麦を、ぜひご賞味ください。
蕎麦切り わたなべ 店主

蕎麦切り わたなべ 店主

こだわり(最高級品本枯節)

素材(最高級本枯れ節)

お品書き(天麩羅)

おしながき(天ぷら)

手打ち(蕎麦伸ばし)

蕎麦打ち

蕎麦切り とは
蕎麦が現在の「麺」の形状になったのは江戸時代中期といわれています。それ以前は「そばがき」のような形で食べられていたと思われ、それらと区別するために「蕎麦切り」と呼ばれるようになったといわれています。そもそも蕎麦の実の栽培の歴史を辿ると、その起源は5世紀頃といわれています。およそ千年以上もの間、人々は「そば米」や「そば粥」また「そばがき」として食してきたのです。現在は、噛みめる蕎麦から喉越しを楽しむ“手繰れる”蕎麦へと進化を遂げています。江戸の庶民の暮らしに溶け込んでいた蕎麦、そして大きく花開いた「蕎麦切り」の文化と先人たちの技を受け継ぐ誇りを、日々の仕事の糧としています。